助成先団体一覧

  1. HOME
  2. 助成先団体一覧
  • 公益財団法人あいである

    児童養護施設で養育されている子どもは、社会で生活を始めることへの準備も整わない、法律的、金銭的な後ろ盾もない中、18歳という年齢に達したというだけで自活を始めます。社会人としては未熟な18歳児が、親からの支援もなく、非正規雇用など社会的格差が広がる中で、自分の生活費を稼ぎ、自立・安定した生活を送ることが容易ではないことはご想像いただけると思います。

     

  • 特定非営利活動法人 アヴニールファーム

    NPO法人アヴニールファームでは、皆様の御支援や御協力をいただきながら、引退競走馬等を中心に保護や愛護、その活動を行う人材の育成や雇用機会創出に関する事業を主として活動しております。

     

  • NPO法人秋川流域生活支援ネットワーク

    身辺自立・運動・表現活動・戸外活動・行事への関心など、様々な活動を通とおしてひとりひとりの生活経験に即し、個性を大切にしながら、興味や欲求を生かして、生活や遊ができるように活動しています。

     

  • 一般社団法人ATHLETE SAVE JAPAN

    1人でも多くの人に安全な環境の下、スポーツを楽しんでほしい。万が一事故が起こっても誰もが冷静に対処できる環境を作りたい。社会課題を解決しながら、アスリートの活躍の場を提供することができるこの活動にご支援賜りますようお願い申し上げます。

     

  • 公益社団法人ア・ドリーム ア・デイIN TOKYO

    難病のお子さんとご家族が日常をはなれ、東京という土地で素敵な時間をお過ごしいただくことで、お子さんが新しい刺激を受けて、さらに成長されることを願い、そして親御さんとご家族が癒され、新たな希望をお持ち頂けることを願い、お手伝いをさせていただきたいと考えます。

     

  • 特定非営利活動法人ウルシネクスト

    現在、日本で使われている漆の97〜98%は中国産です。漆を増やすことで1本1本のウルシの木が日本の宝を守り、子や孫たちの未来につなげることを目指します。

     

  • NPO法人川崎寺子屋食堂

    貧困の環境下にいる子どもたちを支援するために寺子屋食堂は開設しました。
    子どもたちがよりよい未来へと羽ばたけるように、一丸となって貧困と空腹に立ち向かいます。

     

  • 公益財団法人がんの子どもを守る会

    私たちは、小児がんの親の会という当事者の団体として当事者の立場から、今何が必要かを考え実行してまいりたいと思います。

     

  • 特定非営利活動法人 釧路・根室権利擁護支援センター

    世代を超えて家族が支え合い、生活する時代から、一人で暮らす時代へと変化しています。様々な病気や障害を抱えながら暮らしている人々の権利をまもり、ともに支え合える社会をつくるために、私たちは、関係する人々と協働しながら活動をしています。

     

  • NPO法人熊本まちなみトラスト

    熊本まちなみトラストは『記憶の継承』を基本理念として近代化遺産の顕彰および建物の保存活動を行っています。

     

  • NPO法人クリエイト

    今、日本にはいじめ、コンプレックス、発達障害などのハンディキャップが原因で不登校になる子どもが増え続けています。悩みを抱えながらも声をあげることができず、誰にも相談できない子どもたちにも希望に満ちた人生を歩んでほしい。

     

  • 特定非営利活動法人子育てサロンすくすく

    子育てサロンすくすくは、障害の有無や、国籍の違いにかかわらず、子育てする全ての親を対象として、親子が遊びを通して愛着関係を深め、親の子育てしていく力を援助し健やかな子どもの成長を図ります。

     

  • 一般社団法人Colabo

    すべての少女が「衣食住」と「関係性」を持ち、困難を抱える少女が暴力を受けたり、搾取に行きつかなくてよい社会を目指して活動を続けます。

     

  • 特定非営利活動法人しぶたね

    しぶたねの活動の原点は、心臓病の弟の入院中に見た、病院の廊下で泣いていた小さなきょうだいたちの姿でした。きょうだいさんたちのつらさや可愛さを知る人が1人増えれば、きょうだいにとって世界が1つ優しくなります。
    たくさんの大人の応援の気持ちを子どもたちに届けるために、お力を貸してください。

     

  • 特定非営利活動法人 スヌーズレンを普及する会

    NPO法人「スヌ-ズレンを普及する会」は、障害者の為に、蛍光トナ-や蓄光トナ-を利用した「スヌ-ズレンブラックライトル-ム」についての調査、研究をしております。そしてスヌ-ズレンの普及啓発を図り、社会に貢献して行きたいと考えております。

     

  • 特定非営利活動法人ソンリッサ

    私たちは、ひとりひとりの想いを大切にし、その方の生きがいや役割に繋げ、その方にとっての「支え」や社会・人との「繋がり」となりたいと思っています。そうすることで、健康寿命を伸ばし、本人の想いを幸せに繋ぐお手伝いを行います。

     

  • NPO法人タイガーマスク基金

    社会で活躍する人材を育成するとともに、広く一般に問題を提起し、児童養護施設や自立援助ホームなどが抱える課題、係る法律・政策の改善、ひいては児童虐待予防の啓発事業などを展開し、この問題の根本解決を図ることを目的としています。

     

  • 特定非営利活動法人D-SHiPS32

    社会で活躍する人材を育成するとともに、広く一般に問題を提起し、児童養護施設や自立援助ホームなどが抱える課題、係る法律・政策の改善、ひいては児童虐待予防の啓発事業などを展開し、この問題の根本解決を図ることを目的としています。

     

  • 公益社団法人難病の子どもとその家族へ夢を

    家族との永続的な交流を機に、“家族・いのち・しあわせ”を実感し、社会で共に育み合う場を創出。「難病を患う子どもとその家族全員」と「社会」双方向の“架け橋”を目指しています。

     

  • 一般財団法人日本京劇振興協会

    異国の伝統団体が日本で普及活動を継続していくために、「伝統京劇の上演と普及活動」「京劇の創作活動」「日本人京劇俳優の育成」という3つの活動方針を柱として活動を続けてきました。草の根的な青少年普及や地域養護施設慰問も続け、教育・福祉分野にも貢献しています。

     

  • 一般社団法人日本パラアイスホッケー協会

    パラアイスホッケーとは、下肢に障がいを持つ人たちのために、「アイスホッケー」のルールを一部変更して行うスポーツです。

     

  • 特定非営利活動法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク

    特定非営利活動法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(略称=ネモネット)は、不登校やひきこもりの経験のある当事者(本人)たちと、自分の子どもが不登校やひきこもり経験のある親たちが共に立ち上げた「特定非営利活動法人(NPO法人)」です。千葉県内の「親の会(相談場所)」や「フリースペース・フリースクール」等とネットワークし、各地の会を紹介する活動も行っています。

     

  • 特定非営利活動法人ハーベスト

    本気で生きている大人とは目指すものを持って自身の人生を生きている人であり、常に学び成長しつづけています。
    学びの楽しさを体現した人に出会った時、子供たちや若者は、みずから学び志を持って自分事の人生を力強く歩み始めます。

     

  • 特定非営利活動法人ハイティーンズサポートちば

    本気で生きている大人とは目指すものを持って自身の人生を生きている人であり、常に学び成長しつづけています。
    学びの楽しさを体現した人に出会った時、子供たちや若者は、みずから学び志を持って自分事の人生を力強く歩み始めます。

     

  • NPO法人福岡教育サポート

    「経済格差≠教育格差」をスローガンに,すべての子どもたちに教育と進路の機会均等をサポートするNPO法人です。みなさまのご支援とご協力をお願いいたします。

     

  • 一般社団法人ふたば

    岩手県の平均所得は全国平均を100とした場合74.2(2019年度)、私たちが学習会を開催している地域の中には対全国比50という町も含まれています。子どもたちの不安をなくしたい、自信をもって自分を大切にして生きていってほしいと私たちは思っています。

     

  • 一般社団法人星つむぎの村

    「すべての人に星空を」というキャッチコピーの下、およそ 150 名の村人と呼ばれる仲間とともに、境界線のない社会を目指す存在になるべく、一歩一歩進んでいきたいと思っています。

     

  • 特定非営利活動法人みかんぐみ

    これから学齢期・成人期を生きていく、しょうがいのある子どもたちに対して、「大丈夫だよ」と言える現在と未来を創り出すことを目指します。

     

  • NPO法人モンキーマジック

    「障害者クライミングの普及を通じた、多様性を認め合うことの出来る豊かな社会を創ること」
    それが私達NPO法人モンキーマジックのビジョンです。

     

  • NPO法人森ノオト

    わたしたちの暮らす社会も、実は、森のようなものではないでしょうか。

    人と自然が共生する社会を取り戻し、新しい生き方をつくりあげようとする機運が、全国のあちこちで高まってきています。

     

  • 公益財団法人山本能楽堂

    日本の大切な伝統芸能である能の魅力を伝えて一人でも多くの方に知って頂き、次の世代へ伝えていく活動をしています。

     

  • NPO法人Lino

    定期的な外出、旅行により社会とのコミュニケーションを図る機会を創出することで、重症心身障害者とその家族が住み慣れた地域で、いつまでも安心・安定・充実した生活を送れる社会を創ることを目標とします。