2022年度事業完了のご報告(NPO法人子育てサロンすくすく)

  1. HOME
  2. インフォメーション
  3. 活動報告
  4. 2022年度事業完了のご報告(NPO法人子育てサロンすくすく)
2022年度事業完了のご報告(NPO法人子育てサロンすくすく)

2022年度のNPO法人子育てサロンすくすくの活動にご支援いただき、ありがとうございました。

子育てサロンすくすくがある江東区東砂は、都心にほど近く、次々と建設される高層マンションに子育て世帯が流入し続けている地域です。
地域の親子が周囲に相談できる人がいない「孤育て」の状態に陥らないように、私たちは誰でも気軽に来られる子育てサロンを開いています。
子育てサロンでは専門的な知識を持つスタッフが常駐し、親子の遊びによる関わりあいへのサポートや親御さんからの質問への対応、親御さん同士の交流を図っています。

 

2022年度は、それまでの年度と比べると年度初めの参加者はあまり多くありませんでした。
しかし、一度卒室した親御さんが第2子出産後にまた通い始めてくださり、私たちの取り組みを口コミで広めて誘いを掛けていただけたこともあり、皆様にご支援いただいた事業だけで年間延べ842名の参加がありました。

私たちの親子への関わり方は状況に応じて様々ですが、焦らずに時間をかけて親子の成長をそっと後押しする姿勢は変わりません。
例えば、周囲との関係が希薄だった親御さんには、お子さんの成長を伝えることでスタッフとの関係を築き、それを基に他の親御さん同士の輪の中に入れるようにしてきました。親御さんが他の親御さんたちと話すようになるにつれ、お子さんも他の子どもたちとの関係が密になってきます。
その他にも、お子さんの進路についてご両親の意見が割れていたご家庭に対しては、母親に寄り添い、ご両親にお子さんの様子をよく見てもらうように働きかけました。じっくりと関わり続けた結果、ご両親は納得した上でその子に一番合った進路を決めることができています。

 

子育てサロンすくすくは、任意団体の期間も含めると10年以上活動を継続しており、地域の多くの親子に寄り添ってきました。
今後も活動を継続していくためには、世代交代を進めていかなければなりません。
その上で、現在のような専門性のあるスタッフを新たに迎え入れるためには、それまで続けてきた無償ボランティアとしての活動ではなく、有償での活動に変えていく必要があると考えています。
2022年度は、皆様のご支援のおかげで子育てサロンをそれまでよりも広い場所で実施できた上に、スタッフに交通費や謝礼金を出すことができました。改めまして、ご支援いただき誠にありがとうございました。
支援の質を落とすことなくこれからも活動を継続していく所存ですので、今後ともご理解・ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

助成対象事業の詳細はこちら

 


2023年度の活動につきましても、5月1日より寄付募集を行っております。
皆様の温かいご支援を何卒よろしくお願いいたします。

孤育て中の親を支え、親子がともに育つ子育てサロン