学習機会に恵まれない子どもたちの夢の実現をサポート

  1. HOME
  2. 寄付受付
  3. 学習機会に恵まれない子どもたちの夢の実現をサポート

「経済格差」=「教育格差」を許さない!

「希望の進路を断念した生徒は一人や二人ではありません。その最も多い理由が経済的事情でした」と高校の教員として多くの卒業生を送り出してきた福岡教育サポート代表の森さんは言います。

そして、今まさに窮地に立たされている目の前の子どもたちを何とかしたいという思いから『福岡教育サポート』を立ち上げ、ひとり親家庭など経済的に困っている家庭の子どもたちに、現役の教師やOB、大学生がボランティアが無償で勉強を教える塾を始めました。

高校や大学に進学するためには塾に通わせることが当たり前の社会となり、塾に通っていない子どもには不利な状況です。しかし、日本の子どもの貧困率は13.9%(平成28年国民生活基礎調査の概況:厚生労働省)、約7人に1人の子どもが貧困となっています。

一年間で塾に通う費用は公立中学校で約20万2千円、私立中学校で約14万4千円、公立高等学校では約10万7千円、私立高等学校は約17万1千円(厚生労働省:平成28年度子供の学習調査)と負担が大きく、経済的に困っている家庭では子どもを塾に通わせるのは困難です。

また、子どもたちも自分の家庭の経済状態について理解するようになると、周りの友達と比べて「どうして自分だけ」と悩んだり、親や自分の境遇を恨んだりと心に少しずつ傷を負っていきます。そうして次第に自信が 持てなくなり、将来の希望や夢を持つことすらできなくなります

学習の機会に恵まれない子どもたちの無料塾

福岡教育サポートが運営する塾には、現在小学生から高校生まで10名の生徒が通っています。そのうち8名の生徒が、授業料が無料となる経済的に困難を抱える家庭の子どもたちです。

こちらの塾では、生徒一人ひとりに担当のボランティア講師が付いて英語と数学を教えています。ボランティア講師は大学生が中心で、担当する生徒の学習スケジュールや成績管理などもしています。定期的に開かれる講師総会では、生徒や講師の現状の把握とともに課題を共有しより良い学習環境の整備に努めています。

また、勉強のみにとどまらずバトミントンのナショナルジュニアチームのコーチを招いたバトミントン教室を定期的に開催するなどスポーツ面からも子どもたちのサポートをしています。

保護者の方からの声

私の娘が在学中に勤めている会社が倒産してしまい,経済的に困っているときに先生方に助けていただきました。

親の貧困や保護者の経済的な問題で子どもたちが自分の希望する学校へ進学できないのは非常に残念なことだと思います。奨学金を受けても社会人になっての返済が大変で困っている人が多いと聞いています。

お金に困らない子どもたちだけが進学でき,そうでない子どもたちは進学できないという状況は、子どもたちが平等なスタートラインに立てないことだと思います。

子どもたちがお金の心配をしないで進学できる環境作りは大事なことで、せめて子どもたちが安心して勉強できる社会になってほしいと思います。

代表より活動へのおもい

これまで教員として多くの卒業生を送り出してきましたが、様々な理由から希望の進路を断念してきた生徒は一人や二人ではありません。その最も多い理由が経済的事情でした。

子どもたちの責任でないことで進路を諦めなければならないのか、納得ができない日々でした。

このように同じ思いをした教師は決して少なくないでしょう。しかし一担任ではできることが限られており、希望の進路を断念していく生徒に対して何の助けもできない自分の無力と、何の責任もない子どもが夢をあきらめていく理不尽さに憤りを感じました。

そこで一人では何もできないが、少しでも多くの人の力を集めて、一人でも多くの子どもがこの状況から救えるのではないかと思い活動をしております。

特定非営利活動法人福岡教育サポート
代表理事 森    茂男

活動の実績

福岡教育サポートは2016年に発足しました。現在生徒は小学校5年生から高校3年生までの10名です。
現役高校生から大学生,教師OB,現役教師など11名のボランティア講師が、ほぼ毎日、月に30~40回ほど英語と数学(算数)の学習会を講師と生徒一対一の個別指導で実施しています。

私はこれまで集団学習の学習支援ボランティアに参加したこともありますが,童生徒に寄り添いしっかりとサポートするには個別指導が必須と考えています。子ども一人ひとりに専任の講師を割り当て,個々のレベルに応じたきめの細かい学習指導を行うことが学力を伸ばすには重要と考えたからです。

しかし,それには集団学習形態よりも多くの講師の確保と交通費など経費がかさんできます。そこで,皆様に是非ともご支援をお願いする次第です。

ご支援をお願いする内容

寄付金は教室の利用料とボランティア講師の交通費に充てさせていただきます。

学習へのつまずきを解消し学力を身につけることで、将来への展望を持たせ、夢に向かって頑張ろうとする姿勢を育てます。特に現在在籍している高校三年生の生徒には、進学相談など幅広くサポートしながら国立大学合格へと導いていきたいと考えています。

事業名 貧困世帯の子どもたちに学力と進路を保障するための学習支援事業
内容 経済的な理由のために、塾へ通えない子どもたちが夢をあきらめることなく、希望の進路へ進むために、無料で学習会を開き、学力と進路を保障する。
事業期間 2020年4月から2021年3月まで
総事業費 882,000円
当サイトでの
募集額
624,000円

  • 学習会講師の交通費:384,000円
  • 教室の利用料:240,000円