本プロジェクトの特徴

マッチング寄付

あなたからの寄付に休眠預金等に係る資金から寄付額の3倍を加えて助成をします。

JANPIAのロゴ

休眠預金等活用法

当基金は、休眠預金等活用法に基づく資金分配団体です。寄付額3倍は、本助成金を使用しています。

医療ケア児

SDGs

持続可能な開発目標(SDGs)「3:すべての人に健康と福祉を」「10:人や国の不平等を無くそう」に関連する事業です。

医療的ケア児と家族の夢を寄付で応援

 

医療の進歩により障害や病気を持つ多くの新生児の命が助かるようになりました。 その一方で、同時に家庭などで人工呼吸や痰の吸引、経管栄養などの医療的ケアを必要とする子どもが増加しています。 また、医療的ケア児の家族は24 時間の介護への負担や周囲からの理解を得にくいなど、社会から孤立しがちです。 本事業では、医療的ケア児と家族に安心して楽しい思い出をつくってもらうことや、きょうだい児が叶えたい夢をサポートするなど、孤立することなく夢や希望をもって生活することができる社会を目指します。

  1. 3 すべての人に健康と福祉を
  2. 10 人や国の不平等をなくそう

マッチング寄付とは

あなたの寄付額に休眠預金等に係る資金から3倍を加えて、団体を応援できます。

あなたの寄付額が10,000円なら、マッチング寄付の場合はその3倍の寄付額を加えた、40,000円が団体への助成額になります。 あなたの寄付額が10,000円なら、マッチング寄付の場合はその3倍の寄付額を加えた、40,000円が団体への助成額になります。
  • 子ども分野への寄付も一部が「あなたの寄付額」にあてられます。
  • 「あなたの寄付額」は、税控除の対象です。

休眠預金等活用法とは

休眠預金等活用法に基づく資金分配団体として、公益財団法人お金をまわそう基金が採択されました。

  • 「休眠預金等」とは、10年以上、入出金等の「取引」がない「預金等」のことを指し、預金が「休眠預金等」となった場合、預金保険機構に移管され、最終的に「民間公益活動」の促進に活用されます。
  • 「資金分配団体」とは、民間公益活動を行う団体(実行団体)に対して助成、貸付け又は出資を行う団体です。
  • 預金者等は、いつでも「預金等」があった金融機関の窓口で「休眠預金等」の払い戻しを受けることができます。

プロジェクトの進行

本プロジェクトは、助成(実行団体への資金の提供)のほかに、 プログラムオフィサーによる事業の伴走支援も行っております。

 

From https://www.un.org/sustainabledevelopment/, Copyright © 2020 United Nations. Used with the permission of the United Nations.
The content of this website has not been approved by the United Nations and does not reflect the views of the United Nations or its officials or Member States.