難病時に夢の東京旅行を

公益社団法人
ア・ドリーム ア・デイIN TOKYO

公益社団法人ア・ドリーム ア・デイIN TOKYOは、生命に危機のある病気を直視しなければならない3歳から18歳の難病児とそのご家族に対して、夢の実現とご家族の楽しい思い出作りを支援する事業を行っています。難病児とその家族が経済的・精神的負担から一時でも開放され、かけがえのない楽しい時間を作り、心満たされる東京旅行を支援することで、笑顔で生きられる社会の実現を目指しています。

 子どもたちに夢を提供します
 寄付金は確定申告で税控除対象です
 寄付は全額助成金としてお届けします

ご支援・ご寄付をお願いします

日常を飛び出し、親子のかけがえのない
心満たされる、楽しい休日を過ごしていただく

現在、日本には原因不明な病気や治療法が確立されていない、いわゆる子どもの難病は700疾患以上あり、日本国内で約15万人の子どもたちが難病と闘っています。医学の進歩によって、難病を克服して成長していく子どもたちも増えていますが、一方で、治療が難しく、生命の危機にある病気と闘っている子どもたちもたくさんいます。

「みんなと一緒に学校へ行きたい」「友だちと遊びたい」「旅行に行きたい」など、難病と闘う子どもたちは、あたりまえの望みが叶えられない状態にあります。本人はもちろん、両親や兄弟にとっても、つらく悲しいことだと思います。

私たち、公益社団法人ア・ドリーム ア・デイ IN TOKYOは、難病と闘っている、もしくは生命の危機にある病気と共に生きる3歳から18歳までの難病児と、そのご家族を東京エリアへ受入れ、家族での素敵な時間を過ごしていただくお手伝いをしています。

難病の子どもと家族に、心に残るひとときを

東京は子どもたちの夢を叶えるだけでなく、新しい体験・病院内では体験できない刺激を受けることができる魅力のある街です。難病のお子さんとご家族が日常をはなれ、東京で素敵な時間をお過ごしいただくことで、子どもたちの成長を願い、そして親御さんとご家族が癒され、新たな希望をお持ちいただける事を願い活動を続けています。

旅行の際、医療関係者の受け入れ前のチェックと東京滞在中の緊急時対応を厚くすることで、自力歩行や自発呼吸のかなわない重症児の受け入れも可能になりました。

日本国内で難病と闘っている子どもたちとその家族が、一緒に旅行をして、新しい経験をし、楽しい時間を過ごしていただくという私達の活動にご賛同いただき、多くの方からのご支援・ご寄付をお願いいたします。

支援事業の内容

滞在施設のご用意

難病児とご家族のための滞在施設をご用意いたします。滞在期間は6泊7日以内です。交通費やお食事などの提供、娯楽施設やイベント会場等への送迎も医療スタッフとボランティアスタッフが同行してご案内いたします。

施設やイベントの入場料の提供

難病児の希望する都内近郊の娯楽施設、音楽・芸能・文化・芸術関連施設への入場料を提供します。訪問する施設は「東京ディズニーランド」をはじめ、お子さまとご家族の希望に沿って旅行プランを立てます。

著名人と出会う交渉

難病児が会いたいと希望するアーティストや科学者、文化人など、各界の著名人との出会いの実現に向けて交渉します。ただし、最善の努力をしますが、相手先の都合などにより希望に添えない場合があります。

ボランティアのみなさん

難病のお子さんとその家族が、東京滞在中に素敵な時間を過ごしていただくため、主に社会人ボランティアの方々へ協力いただき、施設への案内や滞在中の生活のお手伝いをお願いしています。

応援メッセージ

★★★★★
5 5 1
津田さん、どうか飛躍できますように。あまり頑張りすぎて病気になってはいけないです! 

★★★★★
5 5 1
こんにちは、はじめて寄付させていただきます。 わずかな額ですが、今後も少しずつ協力させていただけたらと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。 皆さま激務のなか、どうか体調だけは崩されないよう、お体ご自愛ください。応援しています。

★★★★★
5 5 1
お出かけが大変なお子さん達と家族が皆、楽しい時間を過ごせると良いですね。応援します。

かぞくのじかん

2009年の法人設立から2017年9月末まで、70名を超えるお子さんとご家族を東京に招待し、病児本人はもとより、両親や兄弟姉妹の生きる気力や喜びを鼓舞してきました。15万人を超える難病児とご家族には、闘病生活からの精神的苦痛と経済的な負担がのしかかり、病気への偏見や無理解により孤立している人たちも少なくはありません。

医療関係者の方たちや、多くのボランティアの方たちに支えられ、ひとつの「かぞくのじかん」をつくる私たちの活動は、日本のどこかで難病児の看病に日々奔走している「似ている境遇にある家族」にも夢と希望を与えるのではないかと感じています。

「かぞくのじかん」をつくり、
「かぞくとかぞくをつなぐ」。

私たちの活動は、多くの方々のご寄付によって支えられています。活動へのご理解とご賛同をいただき、ぜひ、ご寄付をお寄せいただくようお願い申し上げます。

難病児の母親から感謝の言葉

難病児のおかあさん からのお礼の言葉

関係者の皆様
ボランティアの皆様

先日は、3泊4日の東京旅行
無事に楽しい経験をたくさんありがとうございました。
一番心配していた飛行機の移動も、
往復とも救急救命士さんと一緒に乗れたので安心でした。

さらに、娘に負担の少ない移動手段を最大限に考えて、
たくさんの方がご協力をしてくださり、感謝いたします。

人工呼吸器など24時間の医療的ケアが必要な娘が
このような旅行をできたことはすごいことで、
何より本人にとても良い刺激になったと思います。

この子が生まれてから、飛行機に乗って
家族旅行ができるとは思ってもいませんでした。

本当に、本当にありがとうございました。

ご支援・ご寄付をお願いします

応援メッセージ

★★★★★
5 5 1
津田さん、どうか飛躍できますように。あまり頑張りすぎて病気になってはいけないです! 

★★★★★
5 5 1
こんにちは、はじめて寄付させていただきます。 わずかな額ですが、今後も少しずつ協力させていただけたらと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。 皆さま激務のなか、どうか体調だけは崩されないよう、お体ご自愛ください。応援しています。

★★★★★
5 5 1
お出かけが大変なお子さん達と家族が皆、楽しい時間を過ごせると良いですね。応援します。
お名前(ペンネームも可)
メールアドレス(※)
評価
応援メッセージ

※メールアドレスの入力は必須ではありませんが、ご記入いただければお金をまわそう基金メルマガ(週一回程度配信)をお送りいたします。

生命に危機のある病気を直視しなければならない難病児とそのご家族に対して、難病児の夢の実現と児とご家族の楽しい思い出作りを支援する事業を行い、今まで手を差し伸べることができなかった領域を満たすことで社会的役割を果たし、国内にとどまらずアジア諸国の難病児、ご家族を支援することでアジア近隣諸国との友好発展と福祉増進に寄与することを目的とする。

① 難病児の夢の実現と児とご家族の楽しい思い出作りを支援する滞在施設の設置、運営
② 日本の難病児、ご家族の支援事業
③ アジア諸国の難病児、ご家族の支援事業

寄付金は「難病児とご家族の集い・分かち合いの旅行支援事業」に充てます。

団体名称 公益財団法人ア・ドリームア・デイIN TOKYO
理事長 天野功二
理事
  • 掛江 直子
  • 金延 純男
  • 阪井 裕一
  • 武永 正人
  • 中村 知夫
  • 津田和泉
監事 伊藤 舞
所在地 〒141-0021
東京都品川区上大崎3-10-59 ヴィラゾン202
お問い合わせ 電話:03-3440-2777
HP:http://www.guesthouse.or.jp

津田和泉

公益社団法人ア・ドリームア・デイ IN TOKYO
理事 津田 和泉

ア・ドリームア・デイ IN TOKYO事務局長。経済同友会に新卒で就職し、非営利法人の調査研究委員会を担当。同会退職後に、NPO法人チャリティ・プラットフォーム等、中間支援団体でのプログラム・オフィサーを経て2015年よりア・ドリームア・デイ IN TOKYOの実務に携わり始める。その他の役職:公益社団法人難民起業サポートファンド理事、株式会社ココシマ代表取締役。

あたたかいご支援・寄付をお待ちしております

公益社団法人ア・ドリーム ア・デイIN TOKYO

寄付金は、『難病児とご家族の集い・分かち合いの旅行支援事業』に充てます。日本国内に在住する3歳から18歳の難病児のうち、終末期に移行する恐れのある重症児とご家族向けに、最大1週間の東京旅行を提供し、病児とご家族が自らの生活を喜びや希望に溢れたものにできる活動にご賛同いただければと思います。
助成申請額:2,495,080円/助成達成額:235,100円(7/31現在)


ご支援いただいた方へ

  • 支援状況のご報告(メールにてご報告)
  • 活動報告書の送付(不定期発行)

クレジットカード決済による毎月の応援・支援もございます。継続した支援・寄付は団体にとってとても大きな支えとなります。月々500円~受け付けています。定期寄付の停止・解約も簡単にできます。ぜひとも、継続した応援・支援のご検討をお願いいたします。(定期寄付について


解除

活動の共有をお願いします

FacebookTwitterGoogle Plus


助成説明会のご案内
寄付のメルマガにどしどし登録

公益財団法人お金をまわそう基金のメールマガジンは、助成団体の活動、社会貢献に関するお知らせや基金スタッフの日記などを週一回程度で配信しています。ぜひ、ご登録ください。