難病児とご家族に夢の旅行をプレゼント

  1. HOME
  2. 寄付受付
  3. 難病児とご家族に夢の旅行をプレゼント

家族との思い出作りは容易ではない

現在、日本には原因不明の病気や治療法が確立されていない子どもの難病が700疾患以上あり、約15万人の子どもたちが難病と闘っています。医学の進歩によって、難病を克服して成長していく子どもたちも増えていますが、一方で生命の危機と闘っている子どもたちもたくさんいます。

当法人では生命に危機を及ぼす病気を直視しなければならない難病児、特に「希少難病児・医療的ケア児」とその家族に、夢の実現と楽しい思い出作りのための東京旅行を支援します。

病気と闘うお子さんとご家族の希望をかなえる

サポートが難しい領域に特化し、医師や医療機関、航空会社、テーマパーク等と連携し、企業からのボランティア協力のもと、東京旅行を企画・実施します。

これまでに受け入れてきたお子さんは90名近くにのぼります。医療関係者の手厚いサポートもある事業は非常に好評をいただいているため、昨今は旅行までの待ち時間が2年近くなってきました。

病気と闘うお子さんとご家族を、一人でも多く一日も早く招待するため、待ち時間の短縮が喫緊の課題です。
この事業のスピードアップのために、皆様のご支援を必要としています。

夢をかなえる旅行で日常生活が前向きに

人工呼吸器等が不可欠な病児の7割の母が24時間の介護に励み、恒常的な睡眠不足と闘っています。兄弟姉妹たちの中には、親御さんに甘えることを控えてしまう子も多く、いじめやからかいの対象になり学校に通えなくなることも。家族全員が外出の機会を得にくくなり、社会との接点が希薄になりがちです。

病児はもとより、子どものケアで疲れ、社会との関わりも薄れがちな両親や、我慢の多い日常を過ごしている兄弟姉妹は、家族全員が外出の機会を得にくくなりがちです。旅行をきっかけに家族全員がリフレッシュし、思い出に残る楽しい家族の時間を過ごしていただけます。

ご家族と旅行に関わる方の声

  • ご家族の声

    外出するのも大変なうちの子が、飛行機に乗ってミッキーマウスに会いに行きました!旅行中に周りの様子に合わせて少し手や目を動かしている様子を見て、本人も夢の時間を過ごしているのが分かるんだと思い、嬉しかった!

  • ご家族の声

    一番心配していた飛行機の移動も、往復とも救急救命士さんと一緒に乗れたので安心でした。この子が生まれてから、飛行機に乗って家族旅行ができるとは思ってもいませんでした。本当に、本当にありがとうございました。

  • ボランティアの声

    家族によって希望が違うので、毎回フルオーダーの旅を準備するのが大変でもありますが、やりがいがあります。自分にできることでご家族の夢を叶えるのは私たちにも嬉しいことです!

  • ドクターの声

    医師として病院で出来ることとは異なる、子ども達の楽しい時間をサポートできるのが嬉しいです。私たちは飛行機移動に同行して万が一に備えますが、出番がないほうがいい。家族みんなが楽しんでくれたら、それが一番の喜びです。

寄付のお願いと具体的な計画

公益社団法人ア・ドリーム ア・デイ IN TOKYOを指定した寄付金は、「難病児の夢の実現とご家族全員の楽しい思い出作りを支援する事業」100%充てます。

病気と闘うお子さんとご家族を、一人でも多く一日も早く招待するため、待ち時間の短縮が喫緊の課題です。その事業のスピードアップのために、皆様のご支援をお願いいたします。

具体的な計画
  • 2020年5月 病児の症状の確認

家族と併せ、病児主治医へ病児の症状のヒアリング。

  • 2020年6月~7月 参加家族の内定・決定

病児主治医・当法人選考委員会(小児科医4名)を経て、受入予定ご家族を内定。
事務局による家庭訪問、打ち合わせと最終の受け入れ可否を決定。

  • 2020年9月~ 医療機関等への事前手配

宿泊先と移動の手配、緊急時の搬送先病院への事前申し入れ。
各テーマパークのチケット、レストランの手配。

  • 2020年10月~11月 ご家族の受け入れ
事業総額 7,215,866円
募集額 1,650,000円

【内訳】以下の費目に充てます。

  • 旅費交通費:1,016,560(旅行の事前打ち合わせ交通費、病児と家族の交通費・宿泊費、同行するスタッフの交通費・宿泊費)
  • 備品費:87,200円(車両保険、旅行保険)
  • 借料・賃貸料:72,360円(東京での移動に使うワゴン車のレンタル費用)
  • 業務委託費:227,546円(ドライバー1名の4日分派遣費用)
  • 備品費:87,200
  • 人件費(事業費):3,960,000
  • その他:510,200円(病児とご家族分のテーマパーク代、旅行中の食事代)

※上記の金額は、2020年5月から2021年4月30日までにかかる費用となります。

活動される思い

渉外担当理事/事務局長 津田 和泉

難病のお子さんを支援している団体は数多くあり、お互いが強みを生かして頑張っていきたいと思います。わたしたちの活動には小児科医をはじめ医療関係者からの協力が手厚く、安全な移動のお手伝いや救急時を考慮しなくてはならないお子さんの支援が得意です。また、病気の種類は限定せずフルオーダーの旅行を準備するので、病児本人だけでなく、普段は我慢も多い兄弟姉妹にも遠慮なく楽しんでもらえます。ご家族全員の夢を、ぜひご寄付で一緒に応援して下さい。

団体概要

理事長 天野 功二
所在地 〒141-0021
東京都品川区上大崎3-10-59-202
お問い合わせ 電話番号:03-3440-2777
ホームページ:https://guesthouse.or.jp