お金をまわそう基金運営

公益財団法人お金をまわそう基金の運営はみなさまからの寄付で運営しています。日本に寄付文化を根付かせ、社会を巻き込んでいくことで「やさしいお金の流れ」でより良い社会をつくることが目標です。

 みなさまの寄付で運営しています
 寄付金は確定申告で税控除対象です
 寄付は全額ご指定の団体にお届けします

ご支援・ご寄付をお願いします

お金をまわそう

公益財団法人お金をまわそう基金は、寄付先を責任をもって選び、世の中に知っていただく活動をいたします。そして、団体に共感いただけたら寄付を多くの方から募ります。

お金をまわそう基金では寄付金全額が選んでいただいた団体に届くように設計しています。想いとお金を100%届けられる寄付のポータルサイトと言えるかもしれません。もちろん、寄付していただいた方と一緒に寄付先の活動に参加するなど、直接的な関係作りも積極的に進めてまいります。

運営に寄付をすることで、寄付文化を醸成していこう!
助成団体に寄付することでお金をまわす

子どもたちにランドセルを贈ったタイガーマスク現象を風化させることなく、恒常的かつもっと大々的にしたいというNPO法人「タイガーマスク基金」。児童施設を退所する18歳の子どもたちには『親もいなくて、頼る当てもない現実』が襲い掛かってきます。大学へ進学できれば、寮を利用して住むところを確保でき、社会へと巣立つ準備も可能になります。みなさんからの寄付が、児童施設で育った子どもたちの人生設計を大いに手伝えることになります。

寄付は「いいことずくめ」

日々の生活に苦しむ人々が増えている現実に対し、同じ日本人として「なにかお手伝いできないか」という社会的な動きが高まってきて当然のことです。そこで大きな役割を果たすのが、日本にも寄付の文化を醸成していくことだ。もちろん、日本にも寄付という文化はずいぶんと根付いてきている。でも、まだまだ足りない。一般的な寄付額を何十倍、何百倍にして行けたら、日本社会をもっともっと健全で活力あるものにしていける。

個人や家計の金融資産は1700兆円を越すが、そのうち預貯金に眠らせている資金が800兆円以上もある。そのたった1%でも寄付にまわってくれるだけで、8兆円もの巨額資金を捻出することができる。

その8兆円が社会問題に対して活動をしている方々を支えることで、日本経済を1.7%成長させられる。たった1%で日本が抱えている社会問題を解決し、同時に日本経済をプラス成長させられるのだ。すごいことだと思わない?

これが寄付の文化を高めることの、すばらしい点である。
社会のあちこちで地道に社会的活動をしている団体に、どんどんお金をまわすべく、広く個人や企業から寄付金を集める。「お金をまわそう基金」を通して社会のいろいろな分野に寄付いただく個人や企業は、寄付額を税控除できるのだ。日本社会の隅々で地道にがんばっている組織や団体を通して、多くの人々のお役に立てられる。同時に、日本経済の活性化にも貢献できる。いいことづくめだから、お金をまわそう基金をどんどん大きくしていきたいと、ますます気合が入ってくる。

代表理事 澤上篤人 著より

財団スタッフ

事務局長 やました

応援メッセージ

お名前(ペンネームも可)
メールアドレス(※)
評価
応援メッセージ

※メールアドレスの入力は必須ではありませんが、ご記入いただければお金をまわそう基金メルマガ(週一日程度配信)をお送りいたします。

あたたかいご支援・寄付をお待ちしております
かたおか
お金をまわそう基金では、子ども支援分野を担当しています。Webや紙のクリエイティブ制作やマーケティングをやっています。好きな食べ物はサラミです。お手柔らかに よろしくお願いいたします。

お金をまわそう基金運営支援

寄付金は、『お金をまわそう基金運営』に充てます。助成団体へ寄付を全額届ける活動、お金をまわして世の中を良くする活動にぜひご賛同いただきご支援いただければと思います。


ご支援いただいた方へ

  • 支援状況のご報告(メールにてご報告)
  • 活動報告書の送付(不定期発行)

かざして募金でのご支援

お金をまわそう基金へのご支援・寄付に株式会社ソフトバンク提供の「かざして募金」をご利用いただけます。携帯電話・スマートフォンからはもちろん、パソコンからも簡単に応援・寄付いただけます。

ソフバン利用者 auやdokomoのかた

※パソコンからでもご利用いただけます


解除

活動の共有をお願いします

FacebookTwitterGoogle Plus


寄付のメルマガにどしどし登録

公益財団法人お金をまわそう基金のメールマガジンは、助成団体の活動、社会貢献に関するお知らせや基金スタッフの日記などを週一日程度で配信しています。ぜひ、ご登録ください。