休眠預金活用事業の実行団体募集

実行団体の募集のお知らせ

公益財団法人お金をまわそう基金では、休眠預金等活用法に基づく資金分配団体として認定されました。

当財団では、休眠預金等を活用した助成事業『医療的ケア児と家族の夢を寄付で応援』事業を行います。

本ページでは、助成を受け事業を実行する団体(以下、「実行団体」という。)の公募について案内しております。

 

申請を検討されている団体、迷われている団体の担当者さま、まずは説明会にご参加ください。日時が合わない場合には、別の日に個別相談も受け付けております。

 

事業の目的

医療の進歩により障害や病気を持つ多くの新生児の命が助かるようになりました。

しかし、同時に医療的ケアを必要とする子どもが増加しています。また、医療的ケア児の家族は24時間の介護への負担や周囲からの理解を得にくいなど、社会から孤立しがちです。

本事業では、医療的ケア児と家族に安心して楽しい思い出をつくってもらうことや、きょうだい児が叶えたい夢をサポートするなど、孤立することなく夢や希望をもって生活することができる社会を目指します。

 

公募概要

事業名 医療的ケア児と家族の夢を寄付で応援
対象となる活動
  1. 自立歩行、座位保持が困難な医療的ケア児を中心とする子どもたち(以下「支援対象の子ども」という。)とその家族の旅行や夢の実現をサポートする機会を実施
  2. 支援対象の子どもとその家族同士が交流や相談をする機会の実施
  3. 支援対象の子どもと家族が孤立することのない社会をつくるための事業の実施
事業期間 2020年5月~2023年3月(2年11ヶ月間)
1団体あたりの
助成額
2年11ヶ月間で約1,000万円(上限及び目安)
採択予定団体数 3団体
対象となる団体 公益事業を行う非営利団体
対象地域 全国
そのほか
  • 本助成事業はマッチング寄付方式で行います。
  • 詳細につきましては、公募要領(PDF)でご確認ください。

 

公募期間

2020年1月15日(水曜日)から2020年2月14日(金曜日)まで

※郵送による申請書のご提出は、2020年2月14日の消印まで受け付けます。

 

募集要項など

バナーをクリックするとダウンロードされます。

 

資金分配団体・実行団体に向けての評価指針の概要

一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)が、資金分配団体や実行団体に向けて休眠預金等の活用の際に実施すべき「評価」について定めた指針になります。募集要項と合わせてご確認ください。

 

公募説明会

公募にあたり説明会を実施いたします。

日時 2020年1月30日(木曜日)14時~16時
会場 さわかみ投信株式会社 大会議室

東京都千代田区一番町29番地2 進興ビル2階

最寄駅 東京メトロ 半蔵門線「半蔵門駅」より徒歩5分
申込み 説明会の参加について、事前申し込みが必要です。

複数人で参加される場合には、それぞれお申込みください。

※申請にあたり、説明会への参加は必須ではございません。説明会へ参加されない団体でも、申請をすることができます。

※ご都合が付かない場合や遠方の方には、面談や電話などにより個別相談で対応させていただきます。

 

説明会のお申込み

 

※個別相談のお申込みはこちら

助成申請から事業採択までのスケジュール

助成申請書の受付

1助成申請書の受付

2020年2月14日(申請締め切り)
募集要項と助成申請書をダウンロードして作成、ご提出。
ご不明点がございましたら、来店や電話でのご相談もできます。

1
申請内容の確認

2申請内容の確認

2020年2月~3月中旬(予定)
当財団の担当者により
申請団体との面談や現地訪問をおこないます。

2
事業採択

3事業採択

2020年4月上旬(予定)
当財団の選考委員会で選考し、
当財団の理事会で採択・決定を行います。

3
事業の開始

4事業の開始

資金提供契約の締結等を行ったうえで、助成事業を3年間実行します。
お金をまわそう基金で実行団体に対する寄付募集を開始します。

4
  1. 助成申請書の受付
  2. 申請内容の確認
  3. 事業採択
  4. 事業の開始

お問い合わせ

応募のご相談については、いつでも受け付けておりますので、
お気兼ねなくお問い合わせください。

  1. HOME
  2. 休眠預金活用事業の実行団体募集