皆様、お久しぶりです。

お金をまわそう基金藤川です。

去年が厄年にも関わらず、今年の方が圧倒的に厄な今日この頃です。

 

 

『チャリティーソング』

この言葉を聞くと、何の曲を思い浮かべますか?

「サクラ吹雪のサライの空へ。いつか帰る。」

「負けないで、もう少し。最後まで走り抜けて。」

「世界中の誰よりきっと、熱い夢見てたから。」

このような曲をイメージされると思います。

フルは聞いたことがないけど、サビは知っているという人が多いと思います。

ですが、私が『チャリティーソング』として一番印象深いのは、

『We Are The World』です。

こちらも説明不要かとは思いますが、今日は語らせていただきます!!

 

~そもそも『We Are The World』は、

飢餓に苦しむアフリカの人々に救いの手を差し伸べようとするアメリカと

カナダの有名ミュージシャンたちの善意と協力により制作されました。

CDの製作・製造・販売に関わる全てのものはアフリカ救済基金に寄付されました~

 


There comes a time when we heed a certain call

今こそあの声に耳を傾けるとき

When the world must come together as one

今こそ世界がひとつになるとき

 

There are people dying

人々が死んでいく

And it’s time to lend a hand to life

命のために手を貸す時が来た

The greatest gift of all

それはあらゆるものの中で最高の贈り物

 

We can’t go on pretending day by day

これ以上知らないふりはできない

That someone,somewhere will soon make a change

誰かがどこかで変化を起こさなければ

 

We are all a part of God’s great big family

僕らはみんな神の大きな家族の一員

And the truth,you know love is all we need

本当さ、愛こそがすべての人に必要なもの

 

We are the world,we are the children

僕らは仲間、僕らは子どもたち

We are the ones who make a brighter day

明るい明日を作るのは僕らの仕事

So let’s start giving

さあ今こそ始めよう

 

There’s a choice we’re making

選ぶのは君だ

We’re saving our own lives

それは自らの命を救うこと

It’s true we’ll make a better day

ほんとうさ、住みよい世界を作るのさ

Just you and me

君と僕で・・・


 

比較的カラオケで歌う方が多いこの曲。

ガ〇使でも替え歌として使用されたこの曲。

歌詞はストレートで感慨深い気持ちになります。

 

中でも私は、スプリングスティーンさんの歌い方には、とても影響をうけました。

とても気持ちよさそうに歌われています。

例えるなら、温泉で湯につかり、出た直後のコーヒー牛乳の一気飲みぐらい気持ちよさそうです!・・・・・・。

 

次回は『天使のわけまえ』についてご紹介させていただきます。

またよろしくお願いいたします。