子ども虐待(児童虐待)の現状を知る

  1. HOME
  2. 子ども虐待(児童虐待)の現状を知る

増え続ける子どもへの虐待

133,778件
(平成29年速報値・相談対応件数)

 

児童相談所への児童虐待相談対応件数の推移

  • 平成29年は児童虐待の相談対応件数が過去最高となる(前年よりも1.09%増加)
  • 統計開始以来、27年連続で増加中

虐待の相談内容(平成29年速報値)

  • 身体的虐待

    33,223件
    (前年比+1,298件)

    ******

    蹴る、殴る、風呂に沈める、首を絞める、やけどをさせる、逆さづり、戸外に閉め出す、などの暴行

  • ネグレスト

    26,818件
    (前年比+976件)

    ******

    食事を与えない(少ない)・家に閉じこめる・自動車内に放置する・遺棄など、保護の怠慢、養育の放棄・拒否

  • 性的虐待

    1,540件
    (前年比-82件)

    ******

    子どもへの性交、性的な行為の強要・教唆、子どもに性交を見せる、などの性的な虐待

  • 心理的虐待

    72,197件
    (前年比+9,011件)

    ******

    大声や脅しなどで恐怖に陥れる・無視や拒否・兄弟差別・自尊心を傷つける、などの言葉や態度での暴力

※上記の数値は、厚生労働省「平成29年度の児童相談所での児童虐待相談対応件数(平成30年8月30日)」より

 

 

表面化した子ども虐待による死亡

49人

  • 心中により死亡した子どもは除く(含めると77人)

 

子ども虐待の死亡詳細

  • 死亡した子どもの年齢は0歳が最も多く32人
  • 虐待の種類は、身体的虐待27人およびネグレスト19人
  • 加害者は、実母によるもの30人、実母と実父によるもの8人
  • 実母が抱える問題(複数回答)として、「予期しない妊娠/計画していない妊娠」が24人と最も多く、次いで「妊婦健診未受診」が
    23人、「母子健康手帳の未交付」「遺棄」が各15人

 

※上2項目については、「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第14次報告)」より。(第14次報告は平成28年度)

 

 

\ セミナーへの参加を受付中 /

 

2019年7月23日に「子ども虐待のない社会をつくるために」のセミナーを開催いたします。

虐待のない社会をつくるために、まず1歩目は、現状を知ることから始まります。問題意識をお持ちの方は、無料でセミナーを受講できますので、参加してみてはいかがでしょうか。

セミナー詳細およびお申込みは、以下のリンクから受付けております。

子ども虐待のない社会をつくるために ~子どもの権利と体罰禁止~