寄付をまわして経済をまわす

公益財団法人 お金をまわそう基金は、「社会を良くしよう!」「世の中を変えよう!」という支援者様の思いを100%支援先に届けるために、新しい寄付のしくみを創りました。社会貢献活動に勤しむ多くの団体をどっしりとした支援で支えることで、多くの社会問題をみなさんと一緒に解決していきましょう。

100%寄付を届けるしくみ

よくある不透明な寄付の流れ

支援団体へ寄付を届けるためには、金融手数料や人件費などがあるため、お預かりした寄付の一部を運営費として差し引くのは仕方のないことです。ですが、寄付のしくみを「もっとシンプル」に「もっとわかりやすく」するために、お金をまわそう基金はあたらしい寄付のしくみをつくりました。

信頼できる寄付先を選ぶ

支援者様からの寄付はお金をまわそう基金を通って、そのまま全額支援団体へと届けられます。お預かりする寄付金から手数料や運営費などを差し引くことはなく「お金をまわすだけ」です。「新しい寄付のしくみ」で日本での寄付文化をどんどん広げていきましょう。

運営も寄付で運営しています

お金をまわそう基金の運営費も、みなさまの寄付で運営しています。
私たち「公益財団法人 お金をまわそう基金」の理念や活動へご賛同いただける方は、ぜひ弊財団への寄付もお願いいたします。よろしくお願いいたします:)

継続支援のしくみ

助成金のしくみ

一度きりの寄付や助成だけでは社会問題は解決できるものではありません。社会貢献事業を安定して継続していただくためにも、助成金(寄付金)の一部を積立てて次年度以降にも助成します。「お金を【未来】にまわす」ことでひとつひとつの社会問題とじっくりと長い視点で向き合って解決していきましょう。

社会分野への寄付

広い範囲をカヴァーできる

社会貢献活動をしている団体は数多くあります。どの団体の理念も活動内容も素晴らしいもので、どこに寄付するのが一番良いのか悩んでいる方も少なくはありません。そこで、お金をまわそう基金では団体を指定して直接寄付できる方法と、助成分野すべてに対して寄付できるようにしました。「子ども」「地域社会」「文化伝統」「スポーツ」の4つの分野を選んで、その分野に登録されている団体すべてを支援することができます。

寄付金の税控除

所得税控除
寄付の税額控除

公益財団法人 お金をまわそう基金は、2016年10月3日より内閣府から、税控除の資格を有する公益財団として認定されました。当財団への寄付金は、従来の「所得控除」に加えて「税額控除」のどちらか有利な方式を選択いただくことが出来ます。「税額控除」を選択されると、多くの場合、従来よりも控除額が大きくなります。源泉徴収されている方は、確定申告によって還付を受けることができます。

※1 年間所得金額の40%に相当する額が限度額となります。※2 控除額は、所得税額の25%が限度となります。※3 所得税率は年間の所得金額によって異なります。

  • 税額控除か所得控除のどちらか有利な方を選択し、所得税の控除を受けられます。どちらも確定申告が必要です。
  • 弊財団は、一部自治体の個人住民税、相続税についても優遇措置の対象となります。詳しくはお近くの税務署にお尋にください。
  • 国税庁のホームページ上には、簡単に確定申告書類を作成することができます。 画面の案内に沿って入力、印刷すればそのまま税務署に提出することが出来ます。郵送も可能です。

未来への投資 寄付をしよう