思い出は心の中に。。。


こんにちわ。藤川です。

私には相棒の「めんま」という犬がおり、休日は二人で散歩に出かけています。今回は散歩先で見つけたもの体験したことをご紹介いたします。

 


『思い出ベンチ』

思い出ベンチとは、ベンチを寄贈された方がベンチにメッセージを掲載するというものです。ベンチの数は100脚以上あり、当然メッセージもそれぞれのベンチによって違います。公園にベンチは当たり前ですが、想いのつまったベンチ。

ふと座ったベンチに

「毎日、お疲れ様。たまにはゆっくりしていってよ。」

この一言だけでもほっこりした気分になります。

思い出ベンチは事業として行われてます。公園・霊園・動物園におくベンチを寄贈するというものです。正直驚いたのがお値段です。なんと15~20万円するそうです。それにもかかわらず、たくさんのベンチを見かけます。

思い出にお金をまわす。という素晴らしく粋な文化です。



『てんしんらんまん』

感動させられるのは、物だけでなく、人にもさせていただいてます。

自分で言いますが、「めんま(愛犬)」はとても可愛いです。ベンチに座っていると、子どもたちが寄ってきます。そして、遊んでくれます。遊んでもらっている間、私は子どもたちの世間話を聞きます。

「わたし、学校で一番足早いんだよ。」

「この前、〇〇君が意地悪してきたの。」

自分の昔を思い出させてくれるような話の数々。そろそろ帰らなければという頃、最後の言葉に私は感動しました。

「お兄ちゃん、うちらの話なんでも聞いてくれるね。うちよく神社行くんやけど、観音様みたいに聞いてくれるね。あ、でもしゃべるからしゃべる観音様か!話聞いてくれてありがとう。またね!」

こんなにも気持ちいいありがとうを聞かせてくれる。何か忘れていたものを思い出した感じがしました。



『Sunday Morning』

散歩は日曜日にすることが多いです。

イヤホンからはSunday Morningが流れ、ノリノリで家を出ます。

すれ違う人達それぞれの人生があり、日曜日はそれを色濃く見せてくれます。

子どもの公園デビュー。野球少年たちの試合前。奥様方の井戸端会議。

話を聞いていると私にはない価値観を持っていらっしゃるので、勉強になります。日常にもヒントは隠されていることを知りました。

なにか迷ったり、困ったりしているとき、Maroon5のこの曲を聴きながらの散歩。そして、公園で人と接する。おすすめです。


 

思い出のベンチについて書くつもりが気づけば、また自分の体験ばかり書いてしまいました。このままですともっと書いてしまいますので、本日はここまで。

いつお付き合いいただきありがとうございます。

ふじかわ

お金をまわそう基金で「文化・伝統技術分野」と「地域経済分野」の支援活動を担当しています。休みの日は愛犬の「めんま」とごろごろしています。


コメントを残す