日本の子どもを育てて、未来を育てる
子ども支援プロジェクト

お金をまわして、日本の 未来 を創ろう

日本の少子高齢化問題 は世界最速のスピードで進行しています。 日本の総人口数はどんどん減少し、2035年には、3人に1人が高齢者(65歳以上)、そして2060年には2.5人に1人が高齢者となると言われています。

少子化問題が騒がれている中でも、虐待・貧困・育児問題はどんどん拡大している。自分たちの将来への不安はもちろん、家族、そして子どもたちの事を考えると、どうしても不安が高まってしまいます。

お金をまわそう基金 では子供の 虐待問題 ・ 貧困問題 ・ 里親問題 などへの対策を「 慈善事業 」にとどまらず、「将来への投資」と位置づけて、継続的に分厚い支援をすることで未来の日本を支え、若い世代を育てること が お金をまわそう基金の目標 です

子どもたちに寄り添い、本気で活動を行っているNPO・団体 等に対して助成支援を行い、寄付活動を通じて、子どもたちにしっかりと継続した支援をいたします。

お金をまわすフロー

助成団体

一般社団法人おかえり基金

一般社団法人「おかえり基金」は、社会で青少年に暮らしの場を与え、その発達保障につとめている「ファミリーホーム」や「子どもシェルター」などを支援していきます。子どもは未来です。未来への投資を怠る社会は衰退を免れません。子どもの健やかな成長を保障し、福祉の谷間にある青少年の支援活動を支えていただきますようにお願いします。

団体詳細はこちら

特定非営利活動法人タイガーマスク基金

タイガーマスク基金は、児童養護施設などの退所者や社会的養護が必要な子ども・若者に、生活自立、学業、就労、家族形成、社会参画などの支援を総合的に行い、社会で活躍する人材を育成するとともに、広く一般にこの問題を提起し、児童養護施設や自立援助ホームなどが抱える課題、係る法律・政策の改善、ひいては児童虐待予防の啓発事業などを展開し、この問題の根本解決を図ることを目的とするNPOです。

団体詳細はこちら

支援者様からの応援メッセージ

寄付者

みんなが将来に夢を持って成長にできたらいいなと思います
少しですが夢を託して応援します

寄付者

こどもを育てるのは、社会だと思います。
親がいなくても、夢を持てる人に育って欲しいです。

寄付者

子供の貧困は本人の責任から生じたことではないと推定され、
最優先して取り除かれるべき不幸と考えております。

10年後、20年後の未来をつくる「お金」

「子育て」は、未来の日本を支えるとても重要な活動です。 様々な問題を抱えた「日本の子ども問題」に、しっかりと向き合い、がんばっている人へ 継続的に支援を実施することで、10年後、20年後の日本を支える事に繫がると考えています。 日本社会を良くするということは、次世代にとって暮らしやすい社会を築くと言うこと。

国や政治に頼るのではなく、
一人ひとりがこれからの社会を支えていく意識を高めて
子どもを支える。日本を支える。

お金をまわそう基金の「子ども支援プロジェクト」では、
どっしりとした長期的な支援をすることで「社会の宝」を育てて行きます。

応援メッセージ

応援メッセージはまだありません。

“子ども支援分野寄付” へ応援メッセージを送ります

メールアドレスが公開されることはありません。


Warning: call_user_func() expects parameter 1 to be a valid callback, no array or string given in /home/okanekikin/okane-kikin.org/public_html/wp-content/plugins/woocommerce/templates/single-product/tabs/tabs.php on line 43

子ども支援分野寄付

子ども分野を支援する

ひとつの団体ではなく『子ども分野』へ
寄付いただくことで、助成団体すべてを支援することができます。

ご支援いただいた方へ

  • ご支援分野・ご支援団体の支援状況のご報告(メールにてご報告)
  • お金をまわそう基金活動報告書の送付(不定期発行)
クリア
助成団体コード: N/A 助成団体カテゴリー:

お金をまわそう基金は税控除の対象となり、約40%が所得税額から控除されます

公益財団法人 お金をまわそう基金は、2016年10月3日より内閣府から、税控除の資格を有する公益財団として認定されました。当財団への寄付金は、従来の「所得控除」に加えて「税額控除」のどちらか有利な方式を選択いただくことが出来ます。「税額控除」を選択されると、多くの場合、従来よりも控除額が大きくなります。源泉徴収されている方は、確定申告によって還付を受けることができます。

税額控除 所得控除

※1 年間所得金額の40%に相当する額が限度額となります。 ※2 控除額は、所得税額の25%が限度となります。 ※3 所得税率は年間の所得金額によって異なります。

  • 税額控除か所得控除のどちらか有利な方を選択し、所得税の控除を受けられます。どちらも確定申告が必要です。
  • 弊財団は、一部自治体の個人住民税、相続税についても優遇措置の対象となります。詳しくはお近くの税務署にお尋にください。
  • 国税庁のホームページ上には、簡単に確定申告書類を作成することができます。 画面の案内に沿って入力、印刷すればそのまま税務署に提出することが出来ます。郵送も可能です。