助成金とは?


助成金とは?

助成とは

9月よりはじまったお金をまわそう基金の助成団体募集の第一回目を締め切りました。

短い募集期間だったにも関わらず日本全国から助成申請書が届き、書類を確認させていただいています。事務局では、到着した助成申請書類一式をひとつひとつ確認し、助成選考委員会の準備を進めています。申請書の入力項目に漏れがないか、提出書類はすべて揃っているか、決算書類に不明点はないかなどを確認した後、助成団体選考委員の方々に助成認定を判断していただきます。

助成とは、『事業・研究の完成を助けること』(コトバンク)。
その事業や研究、活動を助けるお金を助成金といいます。

「財団」という言葉のイメージからすると、すでにたくさんのお金があるイメージを持っている人も少なくないと思います。お金をまわそう基金の助成金は活動に共感いただいた支援者・応援者からの「寄付」が助成金となります(参考:新しい寄付のしくみ)。つまり、お金をまわそう基金は、財源0円なのです。助成金のすべてを世の中一般の方々から寄付をお預かりして助成します。もちろん、助成申請額に充たない場合もありますし、それ以上にお金が集まってしまうこともあるかもしれません。

助成とはクラウドファンディングではない

しくみはクラウドファンディングと似ている

この仕組みはクラウドファンディングと似ています。
お金をまわそう基金がクラウドファンディングと大きく異なる点は「寄付者に税控除のメリットがある」のと「社会問題分野へ寄付することができる」、「手数料を一切取らない」、「寄付金の一部を資産として次年度に積み上げる」点です。一時的な社会へのインパクトや社会貢献ではなく、継続性・将来性のある活動を広く多く、末永く支援できるようなこの寄付のしくみは、もちろん、日本で唯一「お金をまわそう基金」だけです。

書面に「未来を描く・伝える・想いを乗せる」

助成申請で大切なのは「いかにストーリーを伝えれるか」という部分だと感じています。
実際、助成認定は助成選考委員会で決定するため、事務局では提出書類の確認だけとなります。必要最低限の書類提出の団体もあれば、雑誌3冊分ほどの資料・活動報告を同封される団体もあります。ですが、助成申請に大切なのは「社会を変えたい」「地域を活性化させたい」「子どもたちを導きたい」といった想いとお金、計画がバランスよく表現されていて、ひとつの物語になっているものが良いのではないかと思います(事務局では助成審査はいたしません。書類を確認している時点での感想です)。

寄付の文化を高め、広く社会を巻き込むことでより良い世の中を創る。 理念ある団体を想いある個人・法人が直接的に支援できる仕組みをつくろうという考えでお金をまわそう基金が生まれました。より良い社会にしようというすばらしい理念のもと活動に勤しむ団体とその活動を応援する人たちをつないで、日本全国に寄付の文化をどんどん広めていく。想いとお金を100%届けられる寄付のポータルサイトと言えるかもしれません。公益財団法人お金をまわそう基金は『社会を変える』仕事をする人たち・団体のみなさまからの助成申請をお待ちしております。─助成団体募集のお知らせより

助成申請で提出する書類だけで団体の活動すべてを伝えきれるものではありません。多くの支援者・応援者がお金に思いを乗せて「寄付」をするように、助成申請書に団体の『想い』を乗せていただくことが大切です。助成申請応募の第一回目は終了していますが、年内(もしくは年明けすぐ)に第二回目の応募が開始される予定です。

「お金につながるストーリー」ではなく、
「お金からはじまるストーリー」を添えて、
ぜひ、弊財団の助成プログラムに応募してみてください :)

かたおか
お金をまわそう基金では、子ども支援分野を担当しています。Webや紙のクリエイティブ制作やマーケティングをやっています。好きな食べ物はサラミです。お手柔らかに よろしくお願いいたします。

コメントを残す