与えるもので人生を築く。


皆様、こんにちわ。

本日もここ半蔵門進興ビルより、ゲストをお招きし、お送りしてまいります。

司会はもちろん。私、BL(Blogger) FUJIKAWA。

そして、本日のお相手は「青山侑生」

 

青山侑生

職業、俳優。高校卒業後、多摩美術大学へ入学。

在学中、俳優になるため猛特訓する。

独特の風貌から、インド人と間違えられることが多く、配役もバラエティ豊か。

座右の銘は、『すべてのものはガンジス川からはじまる』。

代表作は、『カレーなる日々』、『The curious life 』。

 

 


Fujikawa(以下、F):

青山さん、こんにちわ。

 

青山(以下、青):

藤川さん、こんにちわ。

プロフィールがインドに偏りすぎてないですか?(笑)

 

F:

お久しぶりです。かれこれ、4年ぶりですね。

青山さんのご活躍耳に届いてますよ。

 

青:

無視ですか。今日はそんな流れなんですね。

4年も経ちましたか。そんな感じしませんね。

 

F:

青山さんの話はつまらないので、早速ですがお伺いします。

 

青:

ひどッ(笑)。どうぞ。

 

F:

ありがとうございます(笑)。

青山さんは、今の日本の寄付文化についてどう思われますか?

 

青:

いきなりですね。

寄付したことないので、正直よくわからないですね。

大学在学中はボランティアには何回か参加したことはありますが。

 

F:

なんのボランティアに参加されたんですか?

 

青:

あれはたしか3年前の・・・・(回想)

 

F:

そういうのはいいんで早く言ってください。(笑)

 

青:

ひどッ!(笑)

公園のゴミ拾いです。当時家の近くにとても大きな公園がありました。

花見シーズンでは一日1,000人は来園するほどで、その分ゴミの散乱が激しくて。

友達と一緒に拾ったのを覚えています。

 

F:

なるほど。

素晴らしいですね。拾ったごみは持ち帰ってコレクションに?

 

青:

そうです。公園のゴミって歴史が古く、ショーケースに飾ると・・・

いい味出るんですよ。。。って、なんでやねん!!

 

F:

相変わらずのキレですね。

ところどころ「ちょっとなにいってるか分かんないです」けど。

 

青:

それは私の好きなサンドウィッチマンの・・・・

 

F:

次の質問にまいります。

ボランティアをするとき、またしようと思ったとき、どんな心境でしたか?

 

青:

・・・・。

ボランティアをしているという意識はありませんでした。

ただ、自分の好きな公園が汚れていくのを見過ごせなくて、気付いたらゴミ拾いしてました。

綺麗になっていくのを見てると、自分のものでもない公園なんですが、こんなにも気持ちよくなるなんて。

と感じたのを思い出します。

ひとの輪

近所の子どもたちと。

 

F:

素敵です。その様子だと、とてもきれいになったんじゃないですか?

 

青:

はい。始めた当初に比べると、だいぶ変わったと思います。

僕たちをみていた近所の方々も手伝ってくださり、

連鎖が連鎖を呼び、ヒトの輪ってこんなに暖かいんだなと。

 

F:

良いことをしていると広がっていくもんなんですね。

私も背中で語れる人になりたいです。

 

青:

そんな大げさな。私なんてまだまだです。

ただ一つ言えるのは、7月~舞台を・・・・

 

F:

番宣させませんよ。

では、お時間も迫ってきたので、最後に青山さんにとって、

『俳優』とは?『ボランティア』とは?

 

青:

厳しいですね。。

えっと・・・

『俳優』とは、人生経験ですかね。

役の数だけ、それぞれの人生を体験できます。

城の衛兵の役なんて、普段では体験できないことですから。

『ボランティア』とは、日常だと思います。

ボランティアをしてる方って、ボランティアだと思ってないと思うんです。

自分がやりたいことをしていて、結果的に「ボランティア」って名前がついてるんだと思います。

 

F:

深いですね。まさか青山さんからこんな深い言葉が出てくるとは。

 

青:

ちょっと!!(笑)

 

F:

貴重なお時間ありがとうございました。今後のご活躍を期待しています。


 

今回お話しいただいた青山さん。

ボランティアをするまでは、「ボランティア」なんて絶対しないとまで思っていたそうです。

そんな青山さんの心を変えたのは、日常にたたずんでいた、すこしのゴミ。

何か迷ったとき、近くを見渡してみてください。

思わぬ発見があるかもしれません。

青山侑生3歳。

 

それではまた次回。

次に紹介されるのはあなたかもしれません。

ふじかわ

お金をまわそう基金で「文化・伝統技術分野」と「地域経済分野」の支援活動を担当しています。休みの日は愛犬の「めんま」とごろごろしています。


コメントを残す